2017年05月

イメージ 4
 
レースフラワーに似たノラニンジン
 
イメージ 3
 
ヤブガラシ、別名をビンボウカズラっていうんだそうです。
 
イメージ 2
 
我が家の夏水仙、可愛いピンクです。
 
 
今日で5月も終わりますね。なんともとても早いひと月でした。
毎日がいろんな事が起こりました。
息子の医大退院、義母の一周忌、毎日の変化はとても楽しみながら過ごしてきました。
充実したひと月だったと思います。
来月は息子の舞台が川南街の 「サンA川南文化ホール」での 「約束」が
18日に行われます。それに向かって家族での応援がたのがんば~です。
楽しみながら頑張ろう~ 息子の口癖~たのがんば~!
きっと、また素敵な舞台に仕上がることでしょう。
 
 
,イメージ 1

イメージ 1
,
イメージ 2
,
イメージ 3
 
昨日の夕方、散歩に出ました。私の散歩道は旭化成の赤白えんとつと愛宕山がずっと見えます。
去年は愛宕山を見るのがとてもつらかったのです。救急車で運ばれた義母の県立病院の病室からは、とても近くに愛宕山を見れる部屋でした。4日間義母と会話をしながら愛宕山を身近に感じながら過ごしたのでした。
なので、愛宕山を見るのがつらかったのです。
一周忌を終えたら、この愛宕山がとても懐かしくなり、逆に義母が応援してくれているような気持ちになりました。
 
一番上の綿菓子のような植物、私達は子供の頃に「つばな」と言っていましたが、作夕は夕日を浴びて輝いていました。
絶滅危惧種のミゾコウジュがほんとに無くなってしまっていました。時々見てた場所をコンクリートで埋めてしまっているので、もう見れないかなと思っていたら、いつものよりも大きなミゾコウジュを見つけて安心しました。
作夕は、釣りをする方がいなかったので、あの白い鯉が2匹と赤い鯉が1匹に出会いました。
この鯉たちに出会うと良いことがある・・・この散歩を始めて11年前にそう思いました。
あまり会えませんが、ここのところ2度あります。また、あえますように・・・
 
上は綺麗に雑草が刈られて、川に行けます。川の水深を測ったりする場所でもあります。
そばまで行くとピンクのミゾソバが咲いてることがあります。
 
息子の今日のリハビリ散歩は城山でした。桜の木の下を歩かないように言わなくては・・・私は城山で毛虫に出逢い大変なことになりました。

イメージ 1
,
イメージ 2
,
イメージ 3
 
イメージ 4
 
今日もお天気の良い一日です。最高28度なんですって。
朝の息子のリハビリ散歩は、延岡小学校までの往復ゆっくりと毎日続けることがいいですね。
延岡の風、空気を感じながらのリハビリ散歩は、息子にもきっと良い方向に向かうと信じています。
小学校から野球をして、高校3年まで野球部だったので早くに取り戻したいところなんでしょうが、今はゆっくり
あせらないでのんびりと楽しみながらリハビリ散歩を続けてほしいと思っています。
 
我が家の大きなコウモリ欄は20年ほどこの場所です。ガラス窓に張り付いています。
もうひとつの大きなコウモリ欄は、最近移動させて2階の水槽の近くにおいています。
ミゾソバの白い花が咲きました。
斑入りのドクダミソウは花が咲きません。
 
昨日、息子と空人は自転車でラクダ公園の先まで行ったようです。
愛宕山を背景に、旭化成の煙突を軽く持ち上げたような写真・・・ちょっとおもしろいですね。
 

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
今日は息子と空人がいる日曜日、息子は午前中に空人と一緒にリハビリ散歩に出かけました。
 
午後は息子の自転車に空気を入れたら、空人が乗り始めました。かっこいい自転車です。
7年くらい前に海でマウンテンバイクの大会があり、息子がMCをやらせていただき、その日のオークションで
真っ赤な自転車を息子が10,000円で買ったものです。
この自転車も乗れる空人ですが、やはり誰かが一緒に見ていないと危ないかな~。
広い場所を回るくらいは大丈夫です。
 
我が家の白いカタバミがとても清楚な感じで咲いています。
店の駐車場のひまわりのような黄色い花、去年植えたのが今年はちょっと大きくなって咲きました。
我が家のフェイジョア・・・半分以上枯れましたが、少しだけ花が咲いています。
大好きなフェイジョア、もうちょっと気を使ってあげなくてはいけなかったな・・・
 
6時に嫁の泉ちゃんが空人を迎えに来ます。
 

イメージ 1
,
イメージ 2
,
イメージ 3
 
昨日の夕方、息子も川南に行ったので私は散歩に出ました。
植物たちの育つこと数日散歩しないと、勢いよく伸びていますね。
あざみの花がいっぱいです。
それにノラニンジンもたくさん咲いています。
ノビルの花がまた可愛いくて、ひとつひとつの表情が違うのでどれもすきです。
昨日は、ノビル、ノラニンジンを摘んで帰りました。
 
今日は26日・・・息子の手術が丁度ひと月前の今日です。
息子は雨男なので、延岡から清武までの高速はひどい雨でした。一番ひどい時は5メーター先が雨で見えない状態が続きました。大学病院の手術の家族の待合室は、数家族いてちょっと暗いイメージでした。
なので、嫁のいずみちゃんが談話室で待ちましょうと部屋を変えました。談話室は家族のお見舞いの方々と一緒に食事をしたりお茶を飲んだりできる部屋です。
私たち手術中の家族ともう一人ご主人の手術を待ってる女性は、文庫本を読んでると思っていたら、
信じてる宗教の本で、教祖様のページを開いてずっと祈っていらっしゃいました。お一人なので、動けないようだったので、持参していたバナナや大福をおすそわけしました。
窓の外を見るとずっと雨が降っていました。次第に夕暮れになり、真っ暗な夜になりました。
時計の針は止まっているのか、動いているのか・・・。
9時過ぎだった・・・先生がいらっしゃいました。散歩してくると部屋を出た主人と泉ちゃんは、同じ階で歩いていたのですぐに戻ってきました。
先生は、無事に手術は終わったことを伝えてくれました。体温が下がっているので体温が上がったらICUに呼んでくださるとおっしゃいました。
手に持ってるのは普通にチャックシールの袋です。赤っぽいのがちらりと見えます。
先生が、「切り取ったものですが、お母さんは見られますか?」
「いいえ、私はダメです~」
「ご主人は?」
「あっ、僕もダメです」
泉ちゃんが 「私が見ます!」と言って先生と一緒にエレベーターに乗りました。
泉ちゃんは、先生の説明をきちんと聞きながら、見ながら携帯の動画で摂りました。
 
それから、体温が上がるまでの1時間半、安心した気分で待っていました。
看護師さんが呼びにきてくれて、3人でICUに行きました。手の消毒、マスクをつけてICUの中を息子の手術台につれて行ってくれます。広い部屋でベッドもたくさんあり、患者さんもいます。機械やなんかがいっぱいで
医者と思われる方々、看護師さんもいっぱいいます。最後が息子のベッドで少し目を開けました。
それで安心したのかほっとしたのか、私はめまいを感じました。
ICUを出て、泉ちゃんに廊下のベンチで横になるようにと言われて横になりました。
 
あれからひと月なんですね。延岡でも川南でもリハビリ散歩をしている息子です。

↑このページのトップヘ