2018年01月

イメージ 1


紫色のカリフラワーを見つけました。とても綺麗な紫色で普通のカリフラワーに比べるとちょっと神秘的だと思います。茹でたら綺麗な薄紫になりました。

味は白いのとはそんなに変わらないのですが、ちょっと不思議な食べ物をたべてる感じでした。


イメージ 2

イメージ 3



部屋入れした山ラッキョウが、少しは寒さを避けられたのか花が咲きました。随分前に主人と山の中をドライブしていたときに見つけて持ち帰ったものです。

 
 
お店のことで、「アップルハウス」の社長、たかはたけいこさんのことをちょっと書きましたが、けいこさんは、
「アップルハウス」の社長でもあり、作家さんでもあります。もう、30数年前に北九州市が応募した作家大賞をもらって、そのときの審査員に瀬戸内寂聴さんがいらっしゃいました。本を書くのが更に多くなり30冊以上は出版しています。新しい本の出版には必ず新刊書を送ってくれます。今年の賀状にはビルをもうひとつ建てたと書いてありました。すごいな~けいこさんは・・・。後継者がいるというのは素晴らしいと思います。
一人娘のお婿さんが「アップルハウス」を継いでくれると嬉しそうに話していたのを思い出します。
 
それから、アップルハウスの担当者だった真さんは、鎌倉の私の部屋のいさこさんと結婚して、「アンの部屋」という、アップルハウスに似たお店を出しました。そして会社名は 「WE MadE it」 という名前で、私のお店も今もおつきあいがあります。お二人の感覚は素晴らしくて、ご夫婦でフェイスブックを楽しんでいらっしゃいます。
いさこさんは、カメラがとても上達しています。
私の店も「アンの部屋」延岡店でお隣にお店を出して、4年ほど続けました。
 
早いもので、あっつと言う間に明日から2月になります。
2月はこれまた、あっという間に過ぎる月なので少しはゆとりを持ってすごしたいな~と思います。
 
 

イメージ 1

イメージ 2



蝋梅の花が咲いてる場所をもう1ケ所思い出しました。寒いけれど行ってみたら咲いてました。嬉しいですね。

我が家には無いので、鼻を近づけて香りをいっぱい吸い込みました。これで鼻炎になるという方もいるので私は幸せ者だと思います。

イメージ 3


ペンペン草を摘んで帰り店のフラワーベースに挿してみました。

イメージ 4


フタリシズカも摘んで急須たちの中においてみました。

 
今日は、次男の誕生日です。誕生日を我が家で過ごすのは何年ぶりになるんでしょう?
先ずは去年、息子は病院で誕生日を迎えました。なので、高校を卒業して以来になるのかな~。
嫁、空人、茜の揃わない誕生日になりますが、携帯スカイプでみんなでハッピーバースデイ♪を歌いましょう!
 
店の続きです。松涛にあるフレンチカントリーのお店、「メゾンドマニー」 、取引ができるようになったのは、
「私の部屋」をオープンして5年目くらいだったと思います。素敵に女性の心をくすぐる品々には、ファンがすぐに
多くついてくれました。陶器をはじめハンドメイドの布シリーズはとても凝って作られていました。
その「マニー」 のお姉さんになる 「オ・タンジャ・ディス」 とも取引ができるようになり、大人の女性の好きな
雑貨やファブリック商品も揃いました。
 
「私の部屋」で知り合った野原チャックさんには、直接交渉で大切なアメリカの100年前のパッチワークキルトをお借りしてのパッチワーク展、同時に私達がグループで作っていた「スエーデン織り」の作品展も行いました。
その後、パッチワークは教室を設けて店の3階で教室を開き、福田さん、森山さんが指導していました。
15年ほど続いたでしょうか・・・福田さんのご主人の転勤で教室は閉じました。
私も一年に一枚のベッドカバーを作っていました。
老眼が出始めて針に糸を通すのがとても苦手になり、切ってる小さな布たち・・・時々手にするんですが、無理!
 
今日は息子の誕生日・・・3人でお祝いです!
 


イメージ 1

市長選挙の開票所は市の体育館で行われ、地元のケーブルテレビがライブで開票情況を流します。
青い台の上、お二人の表の束が並べられるたびにドキドキします。


イメージ 2

イメージ 3



お二人の差は567表の差で、読谷山洋司さんが当選しました。

決まると同時にあちこちからラインや携帯が入ります。そして、ラインしたり携帯をかけます。
大きな組織は無くてほんとに草の根運動ですから、応援してる私たちにはこれからの延岡が楽しくなります。
読谷山さんは、
「市民が主役の延岡になりました!古い延岡は終了しました!新しい延岡のスタートです!」
って、喜びの挨拶をされました。

新しい延岡が楽しみですよ~

今日は、息子が我が家に帰ってきました。
3日前に、ちょっときつかったようで心配しましたが、病気の治療薬のせいなんでしょうね。


イメージ 1

イメージ 2


私のお店で取り扱って、よく贈り物で販売したイギリスの食器、ロイヤルダロイヤルドルトンのピーターラビットの食器です。上は両手付きマグカップで裏側の絵も楽しめる食器です。

私も子供たちにマグは使わせていました。両手マグなので安心です。


イメージ 3



スープボウルも絵柄が違うので楽しみながら食事ができます。我が家はピーターラビットが大好き家族で、寝る前にはいつもピーターラビットを読んで聴かせながら寝せつける毎晩でした。


イメージ 4



この片手マグカップは、私が使うことが多かったです。30年くらい、いえもっと前からでしょうか・・・この商品が入荷できなくなりました。もう1種真っ白いお皿に書かれたピーターラビットも入荷できなくて、欠けたボウルを我が家では蚊取り線香用に使っています。(もったいない話なんですが・・・)

 
今日は、我が延岡市の市長選挙の日です。延岡市を変えるチャンスの選挙です。組織と草の根運動、これで延岡を変えなくてはと市民はみんな必死です。午前中にフルーツケーキを焼く時間40分を利用して、自転車で
市役所に直行です。主人は期日前投票を済ませているので私一人です。選挙速報にかじりつきの夜になりそうです。
 
昨日の続きですが、「アップルハウス」の担当になった真さんですが、数年たって「私の部屋」鎌倉店のオーナーいさこさんと気があっちゃったみたいで、私は延岡にいながら二人の様子を感じとっていました。
ある年の例会の夜に、二人が結婚することを伝えてくれました。そして、主人と私が仲人を頼まれました。
軽井沢の教会で二人は結婚式をあげました。夜は有名な軽井沢のお店でお食事、宿泊はペンションでした。
今でもお付き合いがあります。お二人ともフェイスブックをされていて、主人に見せてもらっています。
 
また、明日・・・つづく
 
 
 
 
私達の応援

イメージ 1



45年前の店の看板です。木製の看板で現在は店のカウンターの上のほうに置いています。

懐かしいものですね。いろんなことを思い出します。

イメージ 2

木製の小さな看板は何かとても懐かしさを感じます。

イメージ 3


「生活の絵本」の木製の看板、これは現在でも通用しているのですが、「私の部屋」の看板と一緒に並べています。


イメージ 4


ガラスに「生活の絵本」と入れてもらった看板ですが、これは福岡で作ってもらった記憶があります。

重くて地震があると一番に心配になります。
 
今でもお付き合いのある「アップルハウス」というメーカーさんがいます。素敵なご夫妻でしたが、私の店の担当は、社長の奥さんのけいこさんの弟の真さんになりました。お洋服をはじめ手染めの布のバッグや種類は豊富です。ひとつひとつの商品には名前がついていて、バケツのようなバッグはバケツバッグ、お坊さんが方にかけてそうなバッグはコムソーバッグ、ボタンがついてるのがボタンエプロン、他にもマヨネーズエプロン、ドレッシングエプロン、アールグレイパンツ、ルーシーパンツ、マジパンブラウス、コッペパンシューズ、このシューズは飛ぶように売れました。手染めで国内で染めています。
昔、東京に住んでる時に新宿に「モリハナエビル」というらせん階段のあるお店がありました。手作りの若い作家さん達が委託で作った品物を置いてもらうというシステムです。ある時、私は黄色い手染めの可愛いエプロンを購入しました。「アップルハウス」さんとお付き合いが始まって、私の買ったエプロンが、けいこさんの作ったエプロンだったことにつながりました。最初の頃は洗濯機で染めているのをみたことがあります。
ジャングルジムは手作りの人形を作っているマンションメーカー、あの神宮前の同潤アパートには、私達と同じ位の年齢の方々の小さなマンションメーカーがいっぱいでした。
アンアンも発売されていたので、マドモアゼルノンノンのTシャツは、例会に行った折に主人が買ってきてくれたり
しました。原宿通りには「ハマノヤスヒロ」のお店があり、東南アジアの商品やアンデスの商品を販売していました。嬉しいことに「ハマノヤスヒロ」さんのお店とは取引ができるようになって、本物のアルパカの製品、セーター、
カーディガン、スカート、マフラー、帽子などなど・・・。今でも私はこのアルパカのセーターやカーディガンを着ています。本物はすごいですね~40年経てもファッションになります。
 
今日は、延岡高校の役員会に出席するために、早く閉店をします。
 
ポツリポツリと思い出しての私のお店のこと・・・明日また読んでくださいね!
 
 

↑このページのトップヘ