2018年04月

イメージ 1
 
八重のゼラニウムで、花びらのふちがピンクなのでとても気に入っています。このゼラニウムは4年目かな~
 
イメージ 2
 
とても可愛いこの花の名前は 「トウイン・エリーゼ」っていう名前です。

 
イメージ 3
 
グリーンアイスはちょっと小さめのバラです。
 
イメージ 4
 
次男の嫁からのバラはあまり手入れをしないのに咲いてくれます。

「延岡・時空を超えた出会いの聖地 ~西郷隆盛とニニギノミコト ロマンを巡る~」は昨日、BSTBSでも放映がありました。全国放送です。
夕方、東京在住の高校の同級生から自宅に電話がありました。同級生のK君からラインで延岡が出ることを知らされて見たんだそうです。息子が出てて見たよ~ってわざわざ連絡がありました。
今年の園遊会前夜際には帰れないので秋には延岡に帰ってくると言ってました。
私たちの高校の同窓生は、2ケ月に一度みんなで集まっています。なので、連絡も密なんです。
嫁のことを話さなかったのを思い出しました。連絡しなくっちゃ~


 
 

イメージ 1
 
昨昨日MRTテレビで
「延岡・時空を超えた出会いの聖地
~西郷隆盛とニニギニミコト ロマンを巡る~
がオンエアされました。
 
イメージ 2

息子は食レポの担当で上の写真はペルー料理のお店 「RICO tacn」というお店です。
加藤アナが食しているのはキュウリのガスパッチョ、
息子がいただいてるのはフランス料理のブランダード
 
イメージ 3
 
ここはチキン南蛮発祥のお店の「直ちゃん」です。
もう一軒は 辛麺屋「桝元」でした。
 
イメージ 4
 
息子の嫁の泉ちゃんが西郷さんの奥さんのイトさん役で出演しました。
とても良い演技をしましたよ。
真剣な顔は普通では見られない顔でした。
 

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

今日は皮膚科に行きました。2ヶ月くらい前に右手首にシップ負けで赤い点々(直径4~5ミリ)が出て、治るかな~って時にまた別の点々が出てきます。そのうちに、左にもプツプツと出てきました。
それがずっとなので皮膚科に行かなくててはと思いながら、セールでそのままでした。自分で感じるのは皮膚が一皮薄くなってるような気がします。一昨年91歳で亡くなった主人の母の手や腕にとても似てきたな~と感じていました。スタッフが最近できた皮膚科を教えてくれたので、20年通った皮膚科からその新しい皮膚科に変えて主人に連れて行ってもらいました。
とても素敵な皮膚科で、庭はたくさんの花が咲いていました。ゆっくりと花を楽しみながら、外の椅子に座っているとなんともとってもリッチな気分になります。花たちに癒されて心地いい待ち時間は嬉しいものですね。
他の患者さんも一緒に、初めて見る花もいくつかあり、自然と会話は花のことです。
 
それで、私の皮膚は薄くなっていて、赤くなるのは内出血なんだそうです。ちょっとどこかに無意識で触れたりすると、皮膚が内出欠を起こすんだそうです。昔から皮膚が弱いタイプで、いつかは、主人と韓国人の垢すりに行った時に、「奥さん、皮膚が弱いから垢すりはちょっとだけね~今度から来たらダメだよ~」っていわれました。
皮膚は薄くなっているけれど、良い薬があるので心配ないですよって先生がおっしゃいます。
処方してくださる薬は・・・息子が術後に開腹した後のかゆみに塗る薬と同じでした。
保湿成分があって、薬局で買えばかなりなお値段らしいです。
薬局の女性の説明にも、顔に塗るとしわが伸びると教えてくれました。
店のスタッフが、先日テレビで見ましたよ~すごい薬みたいですね~って。
ちゃんとまじめに塗って年配肌を脱出しなくては・・・と思います。加齢って私には皮膚に出てきたんですね。
 
今日、した孫の茜の保育園の親子遠足で、泉ちゃんが仕事のために息子が行くことになったようです。
息子と茜の楽しそうな写真が送ってきました。
 
 

イメージ 1
 
我が家に早くも百合の花が一輪咲きましたよ。清楚でこんなに早く咲いてくれると嬉しいですね。
 
イメージ 2
 
なんていうゼラニウムだったかな~頭の中はからっぽ状態です・・・
 
イメージ 3
 
このバラは次男の嫁の泉ちゃんが、5年ほど前の母の日にプレゼントしてくれたバラです。
ほとんど手入れもしないのに咲いてくれて、一昨年大きな鉢に植え替えました。そうしたら花数も増えて大きく育っています。
 
次男ですが、去年の今日が摘出手術の日です。雨男の次男らしく、去年は大雨で台風のような雨の中を高速を使って医大まで行きました。手術室まで見送ったのは嫁の泉ちゃん、手術は長いのでゆっくり来てくださいというのですが、やはり気持ちは落ちつきません。
お弁当を買って、家族の待合室で主人と泉ちゃんの3人でいただきました。
手術が始まってから2~3時間で、医師か看護士さんがこの待合室に来たら・・・それは、開腹してみたら手術が無理な状態ということなので、早く3時間が過ぎて欲しいと願いました。
窓から見る雨はとても淋しくて、今思い出しても涙がでます。今の時間も手術中・・・
毎晩日記を書きますが、どうしても去年の今日がその日の上の段になります。
 
みんなの応援、パワーをいっぱい受けて息子は無事に手術を終えました。緊張していた私も急にめまいがして
廊下にあるベンチで横になりました。
 
今日は医大での検査日で、血液検査とエコー検査でしたが、どちらも問題なしという連絡が入りました。
たまたま手術だった日にちが検査日というのも、本人もつらいものがあったと思います。
次回の検査は5月中旬・・・息子と泉ちゃんの笑顔の写真がラインで届きました。
 
私は今日、携帯の修理が終わって、ドコモに行きました。
 

↑このページのトップヘ